テレビに出ているお笑い芸人、特に雛段芸人と言われる人達の「笑いの瞬発力」に感嘆する。



空気を読み、瞬時に面白いことを考え、ボケ、突っ込み、話を回していく。



その連携とオチに舌を巻く。(巻かない人もいるけど(笑))



「この人頭いいなあ」と感嘆させられるお笑い芸人は少なくない。



そう思う人はほぼ例外なく瞬発力の高い人。



頭の回転が速く、周りの空気を読んで絶妙な間でユーモアを瞬時に言葉に表す能力は天性の頭のよさを感じる。



と言っても、それがお笑いの全てではなく、



あくまで面白さ、可笑しさの一つの形態として。



面白さや可笑しさが他の形を取ることも間違いなくある。



これからも時々面白さや可笑しさについて考えてみたい。